一般社団法人インテグリティ   

【メンタルサポート】

ペットロス

ペットロスとは・・・

ペットの死をきっかけに起こる「身体的不調」や「精神的不調」がペットロス症候群です。
ペットの死をきっかけに起こる悲しみや喪失感を指します。
そのため、ある意味ではペットを亡くした全ての飼い主がペットロスを経験しているとも言えます。
また、ペットロスの悲しみと喪失感から抜け出せず、心身に症状が出てしまった状態を「ペットロス症候群」と呼びます。


今はペットではなくコンパニオンアニマル(伴侶動物)という考え方(捉え方)が広がり、ペットと呼んでいる人々も実際の関係はコンパニオンアニマル(伴侶動物)として関りをもっている人も少なくありません。

現在の人間の生活は人同士の繋がりを感じにくい社会環境に変化しています。
その中で「人と動物の絆」はより深まり、動物に対して家族と同じように強い絆を感じるようになったことが「ペットロス」の要因となっています。
ただ、これは精神的な病気ではなく、動物と死別した方なら個人差はありますが誰もが経験するものです。

動物との絆や愛情が深ければ深いほど、悲しみや喪失感は大きくなるでしょう。
死に対して「自責の念」にとらわれてしまうことも多くあります。
その時に他人からどんなに慰められても癒されることなく、より悲しみを感じたり、不安や怒りを感じることは、それだけ動物との強い絆や深い愛情があったからこそです。
ペットロスは「他人が立ち入ることができない領域」と思っている方も多くいらっしゃいますが、1人で時間が悲しみを癒してくれるまで耐え続けることはとても大変なことです。

ペットロスは様々でサポートに正解はありませんが、周囲の方々の理解や専門家からの援助で悲しみと向き合い、気持ちを開放することで動物の死を受け入れられることに近づくことができるようになります。

私たちはそのような「ペットロス」で苦しんでいる方が、動物の死という事実と向き合って生活できるように援助いたします。

お問い合わせ

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP