女性の人権問題(差別・暴力・ハラスメント等)

HOME > 【その他のサポート】 > 女性の人権問題(差別・暴力・ハラスメント等)

女性の人権問題への支援

男女平等の理念は日本国憲法に明記されており、法制上も男女雇用機会均等法などによって、男女平等の原則が確立されています。

しかし、現実には今なお、たとえば「男は仕事,女は家庭」といった男女の役割を固定的に捉える意識が社会に根強く残っており、このことが家庭や職場において種々の男女差別を生む原因となっています。


また、「夫・パートナー等からの暴力」や職場等における「セクシュアル・ハラスメント」性犯罪などの「女性に対する暴力」の問題も,女性の人権に関する重大な問題の一つです。

女性というだけで社会への参加や就職の機会が奪われることはあってはなりません。

また女性を、パートナーからの暴力、性的な嫌がらせ、ストーカー等から守る必要があります。

インテグリティでは、ご相談を受付けています。
まずは第一歩としてお話しください!

どなたでも相談できます!
無料・秘密厳守でご相談に応じます。匿名でも大丈夫です。


ご相談は インテグリティ総合サポートセンター 
お電話:0297-85-4978
受付時間:月曜日~土曜日 10:00~22:00(日曜・祝日・年末年始は除く)
お電話の混雑状況によってはご予約いただく場合もございます。


メールでのご相談は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
(メールは24時間送信可能です。メールは24時間以内に返信いたします。また、日曜、祝日にかかる場合は翌平日の返信になります)


☆行政機関の専門相談☆
【女性の人権ホットライン】

近時、女性をめぐる人権問題は「女性に対する暴力」をはじめとして「セクシュアル・ハラスメント」などが社会的に大きな問題となっています。
そこで、法務省では平成12年度から女性の人権にかかわる問題を専門に扱う「女性の人権ホットライン」を全国の法務局・地方法務局に設置し、女性の人権に対する侵害をいち早くつかみ、その解決に導くための電話相談を受け付けています。

《全国共通女性の人権ホットライン》
TEL 0570-070-810
受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで