一般社団法人インテグリティ

生理の貧困・取り組み・活動について

「生理の貧困」問題

「生理の貧困」とは・・・

生理用品の利用ができないことや状況を指します。

「貧困」ということで経済的理由だけで起こっている問題と誤解されてしまいますが要因は様々です。

その要因としては、生活苦、環境的理由、社会的偏見、虐待やネグレクト、生理への無理解、知識不足など多くの深刻な問題があります。
また「保護者に買って欲しいと言い出せない」「自分で買うのが恥ずかしい」「父子家庭で生理の話ができない」なども要因にあげられます。




「生理の貧困」は貧困問題だけではなく、人権問題として認識する必要があります。


「諸外国」では・・・
諸外国では、貧困や経済事情、風習や文化などが原因で問題は深刻です。
ですが、全米各地では「生理の平等化」を目指すデモ行進を行われ、また2020年11月スコットランドでは、生理用ナプキン・タンポンなどを「無償提供」する法案が世界で初めて可決されました。
それにより誰でも安心して生理用品を無料で手に入れることができ、学校や公共施設のトイレに「生理用品」を設置することなどが義務化されました。

また、イングランドやニュージーランドも学校での生理用品の無償提供を始めており、カナダやオーストラリア、ドイツ、イギリスなどの国々では生理用品への課税が廃止もしくは引き下げが行われ、深刻的な問題を徐々に改善していく取り組みが進んでいます。

「日本」では・・・
日本は生理用品も世界最高基準の商品であったり、種類や販売店も多く、比較的恵まれた環境ではありますが、近年の貧困問題や生理に関しての理解度の低さ、偏見や虐待、など、日本社会の中で「生理の貧困」問題は広がっています。

当団体にも
「生活苦で生理用品が買えない」
「食費やその他の生活費で精一杯で購入を躊躇している」
「職場や家族の理解がなく悩んでいる」
生理中に毎回または頻繁に学校や仕事を休んでいる」
「親や夫に生理用品を買ってもらえない」
「生理による身体的や精神的な負担で辛い」という切実な声が届いています。

日本では諸外国と比べ「生理」に対する理解が遅れています。
これからは社会全体の問題として、女性、男性問わず、皆が生理について理解し合い、議論を行ったり話し合いを活発化させていくことが、性別に関係なくすべての人々が平等に安心して暮らしていける社会をつくるのではないかと思います。

生理による女性への負担

生理は12歳前後から50歳前後までの平均35年~40年間もの間、女性だけにやってきます。
毎月5日間が生理期間だとすると、一生で約2400日、通算約7年間、450回以上の生理と付き合っていくことになります。

その間の経済的負担、身体的負担、精神的負担は計り知れません。

また、生理痛やPMS(月経前症候群)など身体的、精神的負担も個人差はあるものの、多くの女性が経験しており、大きな負担や悩み、人によっては深刻な問題となっています。

女性は生理前後のホルモンの影響や生理期間により、月のほとんどで何かしらの影響を受けているため、1ヶ月の中で快適に過ごせるのは、7~10日しかありません。それ以外はベストコンディションでない状態で日常を過ごしているということです。

生理中、毎回もしくは頻繁に仕事や学校にいけない人も一定数いるほか、生理が理由で様々な機会を制限されたり、失ったりすることも「生理の貧困」といえます。

これら女性が経験する生理の負担は、男性には理解しにくいことかもしれません。
しかし、「生理」は女性だけの問題ではなく、男性も理解すべき問題として社会全体で捉える必要があります。

生理の貧困への取り組み・活動

インテグリティでは「生理の貧困」についてこれまで多くのご相談をいただき、必要に応じて取り組んできましたが、コロナウイルスの影響でより一層深刻になった貧困、また偏見や虐待、生理に対する社会の理解度の低さ等のほか、諸外国と比べ日本の取り組みが遅れている現状等を鑑みて、継続的な社会活動の取り組みが必要と考え、以下の内容を目指し活動しています。

・生理の貧困による心身へのサポート、専門機関への架け橋となる取り組み
・生理用品の無料配布等の支援、企業や他の支援団体、行政との連携への取り組み
・生理の貧困、生理の負担を社会へ周知し理解広める取り組み
・諸外国に見習い生理用品の無償化や課税廃止、税率軽減などを目指した取り組み
・小中高の学校・図書館・児童館などの公立施設のトイレに生理用品の無償配置を目指した取り組み(トイレットペーパーと同じように自由に使用できる)
・社会に対しての生理に関する理解を進める活動への取り組み


これらの取り組みは社会全体での理解と協力が必要です。
生理をめぐる活動は、ジェンダーの平等を実現するためのひとつのステップでもあります。


☆「生理の貧困」の裏には「精神的な不安や負担」が必ずあります。
インテグリティでは、生理用品を配付、提供するだけでなく、同時に精神的な不安や負担を改善・解決していくため、物品の援助と同時に精神的な援助を行っています。
どなたでも無料でご相談に応じますので、ひとりで抱え込まず、まずはご連絡ください。
詳しくは「無料相談のページをご覧ください。

ご寄付のお願い

インテグリティでは『生理の貧困への取り組み』を行うため、活動にご賛同いただける方々からのご寄付をお願いしております。

ご寄付については、以下の二つの方法がございます。
1.生理用品のご寄付
2.活動支援のご寄付

詳しくは「生理用品のご寄付のお願い」「活動支援のご寄付のお願い(募金受付)」をご覧ください。

どうかご支援をよろしくお願い申し上げます。
pagetop